保険と年末調整と確定申告

帰宅すると保険屋さんから年末調整用の払込証明書が届いていました。そろそろそんな季節ですね。

毎年同じように、保険屋さんから届いた証明書を見てちょこちょこ記入して会社に提出するだけなのですが、今年は保険を見直したので少し数字が変わってくると思います。

見直しの内容はがん関係の保険に3つも入っていたので、さすがに要らないだろうと一つに絞りました。今は県民共済一本です。

万一の備えはまず共済で。小さな掛金で、暮らしの安心を守る県民共済。全国生活協同組合連合会(全国生協連)は、手軽で堅実な保障制度として信頼いただいている都道府県民共済グループの共済元受団体です。

総合保障4型+3大疾病特約の契約です。嫁さんも県民共済だけです。
がん家系だと思われるので心配は心配なのですが、思い切ってやめました。
日本は公的な保障がしっかりしてますし、飢え死にしたりはしないでしょう。

最近は「保険入る奴はバカ。掛け金貯金しとけ」という意見もよく聞きます。もっともな話ではあるんですが、子供もまだ小さいですしそこまで思い切れません。保険なのでガッチリ病気にならなければ元が取れませんが、それはそれでよいかなと思います。


今年は年末調整だけでなく、確定申告にも行こうかと思っています。FXが分離課税になる前に行ったことはあるのですが、大昔過ぎて全く覚えていないので一から勉強しなおしです。

具体的には仮想通貨取引で少し利益が出た分が要申告なのですが、クラウドマイニングでお金をドブに捨てた分や、チャート専用のディスプレイやソフトを購入した分を経費で引くと要申告ギリギリラインです。
ちっちゃい話ですが、経費が認められなければ無申告の場合脱税となります。ドキドキするのが嫌なのでちゃんと申告する予定です。

ただ、嫁さんの分も含め、ソーシャルレンディングの源泉徴収分は戻ってくるので、結果として還付の方が多くなりそうですね。

さて、今日も順調に株式相場は下げていますね。VTIの一発目の指値が今晩にも刺さるかもしれません。VYMやHDVなど高配当ETFはこれから先はちょっと硬そうですね。

今日は無理でしょうが、ハイテクが高値10%程度崩れたら、円高にも進んでますのでちょっと拾ってみようかなとも思っています。

おやすみなさい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする