携帯電話料金を節約したい【調査編】

携帯電話のりかえ作業が、いよいよ待ったなしとなってきました。

今は昔、お小遣い付きでスマートフォンをタダで貰えた上に、携帯電話料金もタダ同然になる時代がありました。当時、Xavierも毎月のようにスマー...

3月中旬が一番条件がよいと思われるので、近くのお店を一通り周って調べてきました。
田舎なので大した割引はしてませんが、今はどこも大して変わらんかと思います。

SOFTBANK

携帯乞食視点での提案を必死にしてくれたのがSOFTBANKのお兄さんでした。

子供を利用者登録しての学割や、端末売却まで考慮に入れてお話ししてくれました。好印象。
しかしながら固定回線をSOFTBANKに変更して、多めのキャッシュバックを考慮しても月額料金の高さをカバーすることは難しかったです。

パケットの選択肢が実質1G or 50GBしかないという極端すぎる料金プラン設定がXavierにフィットすることはなかったですが、固定電話・固定回線を捨てるならSOFTBANKのギガモンスター+は、そこそこフィットする人もいるのではないかなと思いました。

DOCOMO

DOCOMOはかなり渋いですね。
シェア5Gで組んでオプションは通話し放題にしたところ、月額14,000円オーバー。貰える端末で一番よい条件のものがiphone8 64Gですが、これを捌いても無理レベルでした。

docomo withで永年-1,500円/台の割引を適用した上で、無理矢理ウェルカムスマホ割で1年間-1,500円/台の割引をつけてみると初年度4500円/月、2年目9,000円/月程度まで下がりますが、docomo withでの契約ではキャッシュバックがさほど貰えない上に、端末購入代と端末売却代で殆ど利益が出ないので、さほどの削減は出来ませんでした。
しかも田舎なので平日は端末代が定価です。docomo withの端末特価狙いをするなら、土日のダダ混みの中で契約する必要があります。

ウェルカムスマホ割をつけるために中古のGRATINAあたりを購入したりする手間や費用を考えると、ちょっと割に合いません。

UQモバイル

iPhone6s購入で実現できる月額料金88円を軸に考えてみましたが、他の割引がうまくかみ合わずちょっと物足りませんでした。Y!mobileと似通ったサービスを行っているのでサービスだけ考えたらどっちでもいい感じでした。

LINEモバイル

本田翼ちゃんですね。

既に第一候補として挙がっているLINEモバイルですが、LINEフリープラン(データのみ)で2回線契約して品質を確認しています。docomo回線ということもあり、回線品質はあまりよくないですね。ただ、音声・SMS要らずでLINEが使えるので、子供との連絡用には十分です。

パケットについては、LINE利用分のパケットはカウントされないので、嫁さんと母は1Gあれば十分に足ります。Xavierは通勤中にWEBをよく見るのできついかな。

契約は全てWEBで完結して数日後にはSIMが送られてくるので非常に楽です。
月額料金がずっと変わらないのも嬉しいです。

デメリットとしては、通話料金が高いことと、880円の定額オプションをつけても10分までのかけ放題にしかならないことです。
さらに、専用アプリを使う必要があり、電話番号にプレフィックス番号がつきます。古稀を迎えた母にはちょっと覚えるのが難しいかもしれません。

月額料金

契約者 プラン 容量 音声 回線 月額料金 オプション 合計(税込)
自分 コミュニケーションフリープラン 3G SB 1,690 1,825
LINEフリープラン 1G SB 1,200 1,296
LINEフリープラン 1G SB 1,200 880 2,246
合計 5,368

ベースとなる月額料金は税込5,367円/月です。ずっと変わらないのがラクチン。


初期費用及びポイントバック

登録事務手数料 SIMカード発行 手数料値引 契約方法 LINE
ポイント
付与
3,000 400 -3,000 追加契約
3,000 400 -3,000 紹介C(自分より) -3,500
3,000 400 -3,000 紹介C(自分より) -3,500
合計 -5,764

LINEポイントは月額料金に充当可能です。

2年間トータル費用

初月無料+その後3ヵ月は月額300円のキャンペーンが適用されますので、1年目と2年目のコスト及び合計は以下となります。

1年目ランニングコスト 49,658
2年目以降ランニングコスト 64,411
初期費用-ポイントバック -5,764
2年間総コスト 108,366

Y!mobile

芦田愛菜ちゃんですね。

販売店の施策でポイントバックがそこそこあることから候補に挙がりました。
回線品質はソフトバンク同等なので問題なし。音声通話がデフォルトで10分ついているのがありがたいです。LINEモバイルと比べてややこしい手順はなしに電話できますし、1000円払えば10分制限も解除できます。パケット容量も2年間1G増量とのことで最小のスマホSプランでも3Gあり十分な量です。

2年間限定で考えれば、普通にSIMだけのりかえてもLINEモバイルより安いです。

また、iPhone6s 32GBを一括無料で契約することもできるため、端末を売却することを考えれば、さらに安くあげることも可能です。

SIM割:400*3*24=28,800
iPhone6s 32GB売却価格:海峡価格18,000*3=54,000

SIMフリーにせず即売却しても25,000円くらい安くなりますね。月額平均3,000円が見えてきますし、この分でスーパー誰とでも定額をつけてもいいですね。

ただ、注意点がいくつかあります。

  • SIM(n141)が公式にはY!mobile端末にしか対応していない
    現状APNを設定すれば使えますが、ある日突然使えなくなっても文句は言えません。
  • 一括割引特典の条件として逓減型解除料が設定されている
    2年完走させないと解除料を取られます。例えば13ヶ月で15000円くらいです。
  • 機種代残債がないのに即SIMフリー化出来ない
    一括割引適用の絡みで101日経たないとSIMフリー化出来ないはずです。
    即売却したり、すぐに他のSIMを挿して使うつもりであれば要注意

月額料金

契約者 プラン 容量 音声 回線 月額料金 通話定額 1980割 SIM割 家族割 ~1年月額(税込) ~2年月額(税込)
自分 スマホプランS 2G SB 2,980 -1,000 -400 1,706 2,786
スマホプランS 2G SB 2,980 -1,000 -400 -500 1,166 2,246
スマホプランS 2G SB 2,980 (1000) -1,000 -400 -500 1,166 2,246
合計 4,039 7,279

ベースとなる月額料金は税込7,279円/月です。最初の一年間は「ワンキュッパ割」なる割引が各回線1,000円適用されます。
基本プランに通話10分まで無料がついているので、通話定額はなしで計算しています。1,000円追加すれば完全通話無料に出来ます。母の通話状況によってこれはつけてもよいでしょう。

初期費用及びポイントバック

契約者 登録事務手数料 CB 合計
自分 3,000 -10,000 -6,760
3,000 -20,000 -16,760
3,000 -20,000 -16,760
合計 9,720 -50,000 -40,280

近所の家電量販店では、3月末までMNP1台につき10,000ポイント、複数契約2台目以降に10,000ポイントが上乗せされます。

2年間トータル費用

1年目ランニングコスト 48,470
2年目以降ランニングコスト 87,350
初期費用-ポイントバック -40,280
2年間総コスト 95,541

驚きの3台で月額平均3,980円となりました。今より安いんだけど・・・。通話10分何度でも無料・パケット3Gでこの金額なら文句ありません。
また、iPhone6s 32GBで契約して端末を売却した場合(2年完走必須・非推奨)、2年間総コストは約72,000円程度まで下がり、3台で月額平均3,000円程度となります。

結論

現状、芦田愛菜ちゃんで決まりかなといったところです。

Yahooプレミアムが無料になるのもちょっとお得ですし、PayPayのキャンペーン第一弾のようなソフトバンク絡みのキャンペーンにも対応出来る可能性も高いです。

2年完走するつもりでiPhoneも貰ってきますかね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする