ソーシャルレンディングは主婦に有利です

税金のお話です。

ソーシャルレンディングに関して夫婦で口座を作って出資しております。目的は専業主婦である妻の非課税枠を生かすためです。

以前調べた際、住んでいる自治体では28万円までは完全に非課税だということが分かっていたので、しばらくは妻の口座をメインに出資を続けていたわけなのですが、気づいたら分配収入が28万円直前まで積み重なっておりました。

2019年中にガイアファンディングのデフォルト分が損失計上出来れば杞憂に終わるのですが、現状長期泥沼化する可能性が高そうなので、計上できない前提で考えてみたいと思います。
いや、もちろん杞憂に終わって欲しくないですよ。しっかり税金払えるくらい元本返済してくれれば喜んで納税しますよ。

2020年から基礎控除が増えるらしい

あまり詳しいことはよく理解していないのですが、2020年からは基礎控除が10万円上がるとのことです。そのため、2019年中盤くらいから妻の口座で2020年分に受け取る分配金が増えるように資金配分すると少し節税になるかなと考えていたのです。

2019年度分で完全に非課税に収めるのであれば、2020年に入るまでほぼ出資できないので非常に不自由です。

「28万円まではOK」としか認識していなかったので、いくらまでなら超えても大丈夫か、この際しっかり計算してみることにしました。

住民税の計算がややこしい

パート主婦で給与所得は65万円を超えない前提です。
所得税の基礎控除が38万円なので、38万円までの分配収入には所得税がかかりません。これも前提とします。

住民税については、均等割と所得割があります。
28万円(地域差有)まではどちらも非課税で、35万円までは所得割は非課税です。
都会だと非課税限度額は35万円になるようですね。田舎つらい。

28万円の分配収入であれば、一切課税されないということです。以前に調べた通りです。
それ以上になる場合、どれだけ課税されるのかを調べていきます。

【所得税】
所得控除:65万円
基礎控除:38万円【住民税】
基礎控除:33万円
住民税の非課税限度額:28万円(三級地の場合です)
住民税の所得割課税基準:35万円
均等割額:5,800円(地域によって違います)

ケース別での計算

・SL分配収入 28万円まで

無税

・SL分配収入 35万円まで

均等割のみ:5,800円

・SL分配収入 38万円

均等割:5,800円
所得割:2,500円
課税対象額:38万円-33万円(基礎控除)=5万円→5,000円
調整控除額:2,500円
合計:8,200円

全国1741市区町村の住民税自動計算サイト!扶養控除などの所得控除や、ふるさと納税のような税額控除にも完全対応!あなたがお住まいの都道府県、市町村、年齢・年収などを入力して住民税の金額をシミュレーションしてみましょう!

参考:住民税の自動計算サイト様

ちょっと超えただけで結構課税されるんですね・・・。

シミュレーション

28万円で止めて、残りをXavier口座で出資するのがいいのか、それとも継続して妻口座で出資し続けるのがよいのか、収入別に計算してみます。

35万円-全額妻口座

妻口座
住民税:5,800円
所得税:71,470円還付(源泉徴収分全額還付)

計:65,670円還付

278,530+65,670=344,200
税率1.66%

35万円-妻口座28万円・7万円Xavier口座

妻口座
住民税:0
所得税:57,176円還付(源泉徴収分全額還付)

Xavier口座
住民税:7,000円(所得割加算分:10%)
所得税:10,794円還付(14,294円(源泉徴収支払済)-3,500円(5%))

計:60,970円還付

278,530+60,970=339,500
税率3%

38万円-全額妻口座

住民税:8,200円
所得税:77,596円還付(源泉徴収分全額還付)

計:69,396円還付

302,404+69,396=371,800
税率2.16%

38万円-妻口座28万円・10万円Xavier口座

妻口座
住民税:0円
所得税:57,176円還付(源泉徴収分全額還付)

Xavier口座
住民税:10,000円(所得割加算分:10%)
所得税:15,420円還付(20,420円(源泉徴収支払済)-5,000円(5%))

計:62,596円還付

302,404+62,596=365,000
税率3.95%

50万円-全額妻口座

住民税:20,300円
所得税:96,100円還付(102,100円(源泉徴収支払済)-6,000円(5%))

計:75,800円還付

397,900+56,800=473,700
税率5.26%

50万円-妻口座28万円・22万円Xavier口座

妻口座
住民税:0円
所得税:57,176円還付(源泉徴収分全額還付)

Xavier口座
住民税:22,000円(所得割加算分:10%)
所得税:33,924円還付(44,924円(源泉徴収支払済)-11,000円(5%))

計:69,100円還付

397,900+69,100=467,000
税率6.6%

結論

ややこしいので計算を間違っている可能性も高そうですが、どれだけ出資金額が増えようが、妻口座で出資した方が税率は低くなりました。考えてみれば当たり前ですね。
ただ、所得税が課税された途端に税率が跳ね上がるので、38万円を超えないように調整していくのがベストかなと思います。600万円を6%程度の利回りで投資すると丁度くらいの勘定ですね。あと100万円分くらいは大丈夫かな。

資金は非課税もしくは分離課税の株式にシフトしていくつもりなのですが、うまく移動することが出来ず、ソーシャルレンディングへの利益が年間38万円を超えていくようであれば、パート収入との兼ね合いで配偶者特別控除枠とにらめっこすることになりそうです。ただ、妻がそこまで頑張って働くことはないと思うので、その心配は必要ないと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする