幼児教育・保育と大学無償化

下の子が今年4月から小学校に入学しました。残念ながら消費税増税と共に開始する予定の幼児教育・保育の無償化の恩恵にはあずかれなかったのですが、同様に消費税増税分を財源とする大学無償化については、適用になるかもしれないと期待を頂いておりました。

先日、大学無償化法が成立しましたので、その内容を確認しました。

大学無償化の概要

  • 2020年4月から実施
  • 授業料免除・給付型奨学金
  • 年収270万円/300万円/380万円未満の世帯が対象(段階的に減額)
  • 大学・短大・高専・専門学校が対象
  • 成績等の要件有

我が家が対象になるかどうかがまずは重要なので、赤字のところが焦点でした。
Xavierの現在の給与収入だけであればなんとか引っかかる可能性がありましたが、世帯年収ということなので嫁さんの収入を足すともうアウトです。さらに確定申告する雑所得投資分は上乗せでしょうから、現時点で一番緩い条件すらクリア出来ないようです。
なんとか就学援助が適用されるレベルの貧乏人では門前払いですね。

20年以上前でもこの条件なら授業料減免されていたような記憶がありますので、「大学無償化」というレベルのものではなさそうです。

ちなみに270万円以下世帯が受けられる支援は、給付型・授業料減免合わせて、自宅外生であれば国公立大学でも134万円となるようです。支援された分あわせたら年収400万円超えますやん・・・。
生活保護の延長みたいな感じなので、Xavierが子供の大学入学前に無職やバイトになる以外には、どうあがいても恩恵は受けられなさそうです。逆にいうとそもそも雇用が不安定な層は労働を減らして収入を調整することで実質的に年収を上げることが可能ですね。

「大学無償化ビジネス」やら「偽装離婚」やらが横行しそうな予感です。

高年収の方はそもそも興味がなかったかもしれませんが、適用されるかギリギリの低年収のXavierにとっては非常に残念な結果となりました。楽はさせて貰えないですね。。

本業・資産運用をこれまで以上にしっかり取り組もうと思いました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする