SBI証券のiDeco商品が減るこの機会に再構成を考える

先日、SBIベネフィットから封書が届きました。

除外対象運用商品の中には、Xavierの投資方針的に検討に値する商品はないので影響は一切ないのですが、iDecoの最初の配分をかなり適当に決めてしまっているので、この機会にある程度考えて配分することにしました。

基本戦略

受け取り開始が65歳まで延長されるなんて話も出てきていますが、Xavierは現在45歳なので当初の予定通り考えるとあと15年で受け取りです。あまり積極的にリスクを取っていける長い期間ではなく、常識的に考えると守りに入るべき年齢ではないかと思います。
しかしながら未だに守りに入るほどの資産も持っていませんし、折角の非課税枠ですからリターンを取りに行きますよ。

大まかに分けて債権・株式・商品・不動産とあるわけですが、株式100%で構成します。
配分は半分以上を先進国株式に振って、残りはおいおい考えようとほったらかしにしていたのが以下の構成です。

最初はDCニッセイ外国株式インデックス100%にしようと思いましたが、ちょっと色気が出て半分ひふみ年金にしています。どっちにしてもいい加減ですね。もうちょっと考えてみようとおもいます。

商品選択

除外後の商品一覧から消去法で、5つの候補が残りました。

  • DCニッセイ外国株式インデックス
  • EXE-i 先進国株式ファンド
  • iFree NYダウ・インデックス
  • EXE-i 新興国株式ファンド
  • ひふみ年金

DCニッセイ外国株インデックス

先進国株式で最もコストが低いものを半分以上配分しようと考えていましたので、これは不動なのですが、それだったら何故SBIで口座を開いたのかなと過去の自分を問い詰めたいですね。MONEX(eMaxis Slim)か楽天(VT/VTI)で開いた方がよかったような気がします。

本家(<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド)がeMaxis Slim に煽られて手数料を下げたので、DCもそろそろ下がると思うのですがまだでしょうか?年内には発表してくれないとMONEXに移管しそうです。
SBIさん(NISSAYさん?)宜しくお願いします!

EXE-i 先進国株式ファンド

DCニッセイ外国株インデックスの対抗として残したのですが、あまり違いが判らないので信託報酬安い方がよいですね。

iFree NYダウ・インデックス

米国株の比率を上げたくて候補にあげました。S&P500やNASDAQ100に連動するものがあればそれも混ぜたいのですが、ないものは仕方ないですね。

EXE-i 新興国株式ファンド

FOFでSCHE90%。今年に入ってから着実に下げ続けてます。配分少な目で入れたいです。

ひふみ年金

なんでこのアクティブファンドに拘っているのか自分でもよく分かりませんが、日本株のインデックスに賭ける気にはならないので、フジノさんなら何とかしてくれると思ってのチョイスです。

最終的に決めた配分割合

理詰めで考えても結論が出ないので、最終的に配分はフィーリングで決めました。
米国株50%超・他先進国20%・日本20%弱・新興10%くらいでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする