トラストレンディングの公共事業2案件に出資しました

8月終わりから9月にかけて、高利回りで人気のトラストレンディングの2案件に合計70万円出資しました。どちらも公共事業絡みなので事業内容としては堅いです。

エーアイトラストさんは会社規模もある程度大きく、ソーシャルレンディング以外の事業内容もしっかりされている会社なので事業者リスクについてはあまり心配していません。

船舶担保付ローンファンド190号

初出資となる案件は船の購入・運用に対しての融資という、あまり聞いたことのないカッコイイ話です。銀行が断るようなデリケートな事業で、尚且つ急ぎということなので、この利回りになっているようです。
記載してある内容から考えると沖縄の米軍基地移転絡みだと思うのですが、地元の銀行は反対運動を恐れて融資しないんでしょうかね。堅いと思うのですが。
辺野古の埋め立てであれば、承認撤回だの騒ぎがありますが、既に始まっている工事ですし、まさかポシャって返済ができないというリスクはないかなあと思います。

返済原資は砂利を運んで売ったお金?
担保は船。評価額が7億を超えるかどうかは全く分かりません。
事業者代表が保証人になっているのですが、これは会社丸ごと担保に取ってるのと同じなんですかね?社長さん個人なのかな?

よくわからないところも多いですが、十分にリスクを取っていい案件だと思いますので50万円出資します。

初出資なのでゆっくり進みます。

桁を間違えないように・・・。

間違いありません。決定。

出資金後払いなのはいいですね。個人的に預託金より嬉しいです。

追加募集を含めて全部で5000万円が15本。1件を除いて満額成立しておりました。やはり皆さん高利回りには目がないですね。

燃料卸売事業者ローンファンド197号

9月末にもう1案件出資しました。

3億円の案件で公共事業向けの燃料流通事業とのこと。新規参入のため、燃料取引における初期費用が借り入れ目的のようです。これも前回案件と同じで、堅い案件に思われるがデリケートな内容なので銀行が貸してくれないようです。関東地区の基地絡みかしら?

実はこの案件、一回ケチがついてまして、利回り半分で募集したもののお金が集まらなくて不成立になっています。条件を変更しての再募集。

不成立となった最初の案件を見た際、べらぼうに堅いけれども利回りと期間が物足りなくて迷っているところ、不成立となっておりました。

再募集で変更になった点は以下です。

  • 利回り:5.5%→11%
  • 運用期間:26ヵ月→23ヵ月
  • 保証:借入人の親会社である事業会社(燃料卸売業者)→なし

利回りは倍になりましたが、親分がケツを拭いてくれなくなったようです。これは痛い。
保証をそのままで利回りを7%程度に上げてくれれば悩むことはなく突っ込んだのですが、今月は他のソーシャルレンディング業者で高リスク案件に多く出資しているので、これ以上案件リスクを取りたくないという事情から二の足を踏んでいました。

が、高利回りの魅力には勝てません。ガッツリは怖いので20万円だけ出資することにします。

現在、当初予定の3億円は満額成立し、追加募集に入っているようです。
担保変更なしで追加募集がどこまであるかわからないというのは、先行出資した立場からすると、事前に告知されていてもあまり気持ちがよいものではないですが、そもそも記載されている担保の価値自体が明確でないので、あまり気にしないことにします。

ところで、今回出資する際に自分に不手際があり、修正のため一旦の出資キャンセルを電話でお願いしたのですが、出て頂いたエーアイトラストの女性社員の方の電話対応が素晴らしくて感動しました。会社に対しての信頼度が大幅に上がりました。

無理なお願いにも関わらず快く対応して頂いてありがとうございました。ファンになりました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする