ドル建MMFの税金

ドル建て商品を購入するために少しずつドル転しているのですが、待機資金をドル建てMMFに置いておこうかと思いつきました。銀行預金だと年利0.7%くらいですが、MMFだと2%弱あります。

特定口座なのでドルのままでも課税されてしまう

調べてみるとなんと外貨建MMFは特定口座に対応しているようです。便利な世の中になったものです。ただ、購入売却共に外貨決済した場合、円換算で税金計算されてしまうとのこと。

特定口座の仕組上仕方がないことですが、当分円転する気がないので、MMFに出し入れするだけで課税されてたのではかなわんということで、実際に取引して試してみました。

実際に取引してレートを確認

10ドル分ブラックロックのMMFを取引しました。

SBI証券が参照している対顧客外国為替相場のレートは以下から確認できるようです。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの「外国為替相場」のページ。当社は三菱UFJフィナンシャル・グループの総合シンクタンクです。

2019/06/17 TTS109.66 TTB107.66
2019/06/19 TTS109.52 TTB107.52

買付

買付レート109.66(実レートは108.6前後)

売却

売却レート107.52(実レートは108.6前後)

税金計算

購入・売却時とも実レートは108.5前後でした。
購入時109.66、売却時107.52で取引されていましたので、2.14円分負けたことになっていました。

結論

スプレッドが2円あるため、MMF買付から2円程度円安になるまでは課税されないようで安心しました。どうしても課税されたくない場合は、ある程度円安になったら一度解約してすぐ購入しなおしてもよいかもしれません。面倒くさいですが。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする